· 塾長から

これまでの人生、沢山の先輩から学びをいただいてきました。

研修医として社会に出た春、自分がいかに小さいかを教えてくれた先輩。そこから始まる、自分の物語。今、思えば遅く始まった物語でした。

あれから15年、自らの成長をよそに、先輩方へ何か恩を返すことはできているのでしょうか。

恩は返すものではないのかもしれません。私もそう思える年齢になりました。恩は送り、巡らせるものなのだと思います。

私の後輩が、私からの学びや恩を、その後輩に巡らせていく。それが、いつの日か、私達の子どもや孫のためになっていく。

 

未来に恩恵を得られるのです。

恩の恵み。素敵な言葉ですね。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK